粕汁は栄養満点だけど妊娠中や子供でも飲めるの?アルコールは大丈夫?





寒い日に飲むと体がポカポカ温まって、ホッと安心できる粕汁。

具材も野菜たっぷりで、栄養満点ですよね。

粕汁の大きな特徴は日本酒の搾りかすである酒粕が入っているということです。

酒粕はもともと日本酒だったわけなので、アルコール分を含みます。

アルコールが入っているとなると、粕汁は妊娠中の女性や子供は飲めないのか心配になってしまいますよね。

粕汁を家庭で作った時にアルコール分の飛ばし方を把握しておけば、安心して食べられるのではないでしょうか。

そこで今回は『粕汁は栄養満点だけどアルコール分が心配な人に向けて妊娠中の女性や子供でも飲めるのか、お酒の飛ばし方について』詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

粕汁に含まれる栄養とは?

粕汁に欠かせない材料の酒粕、実は栄養たっぷりで大注目されているんです。

お酒を発酵させるための酵母やお米が元になっている栄養素がたくさん含まれているからなんですね。

それでは具体的に粕汁に使われている酒粕の栄養について、詳しく見ていきましょう。

たんぱく質や炭水化物

三大栄養素のたんぱく質と炭水化物が一度に摂取できるのが、酒粕の特徴です。

粕汁には野菜などのたくさん入っているので、栄養満点と言われる理由がわかりますね。

 

食物繊維

粕汁を飲むとお通じがよくなるのは、食物繊維が含まれているためです。

具材にきのこ類を入れれば、ますます便通が良くなりそうですね。

 

ビタミンB群

葉酸を含むビタミンB群は毎日の健康をサポートするのに欠かせない栄養で、脂肪の吸収を抑えたりリラックスしやすくなったり心身ともに健康を支えてくれます。

妊娠中の女性にも適した栄養が含まれていますが、アルコールとの関連性があるので注意が必要です。

 

ミネラルやアミノ酸

代謝をアップさせて、免疫力や体力回復の向上にも役立つミネラルやアミノ酸。

特にダイエット中でもアミノ酸が入っているため、安心して飲むことができます。

 

ペプチドやβ-グルカン

ペプチドは血液の通り道を広げることで、全身に血液を行き渡らせて冷え性改善が期待できます。

Βグルカンはコレステロール値を下げる働きがあるので、生活習慣病予防には最適な食べ物と言えるでしょう。

 

 

粕汁にアルコールは含まれる?

粕汁に含まれる酒粕には、およそ8%のアルコール分が含まれます。

粕汁を家庭で作る時に200gの酒粕を使うとすると、茶碗1杯の粕汁を飲むのとアルコール度数5.5%の少量のビールを飲むのと同じなのです。

ビールをコップ半分程度とはいえ、普段からお酒に酔いやすい人にとっては無視できない問題ですよね。

いくら粕汁が栄養満点で美味しい食べ物だったとしても、アルコール分が入っていると心配になります。

実際に粕汁を2杯食べて運転中、酒酔い運転で検挙されたという一件もありました。

どのくらい酒粕を入れるのかにもよりますが、アルコールは少なからず含まれると思っておいた方が良いでしょう。

 

【スポンサーリンク】

粕汁は妊娠中や子供も飲めるの?

粕汁には少なからずアルコールが含まれるということがわかりましたが、妊娠中の女性や子供は食べても大丈夫なのでしょうか?

まず妊娠中の女性に関してはアルコールが微量でも胎盤を通過して赤ちゃんに運ばれるため、粕汁はあまりオススメはできません。

もちろんしっかりアルコールを飛ばしていれば神経質になる必要はないと思いますが、アルコールの処理速度は人それぞれ違います。

人によっては影響が強く出てしまうので、できれば避けた方が良いでしょう。

同じく子供もアルコールによって悪影響が出る可能性も否定できないので、避けておいた方が無難です。

せっかく栄養満点で残念な気もしますが、粕汁は大人のグルメということですね。

 

粕汁のアルコール分の飛ばし方とは?

アルコールは78度以上で加熱すれば、どんどん蒸発していく特徴があります。

作る時に酒粕と水を混ぜて火にかけて、しっかりと沸騰させましょう。

アルコールが飛んだか確認する方法は、酒粕と水を混ぜてアルコールを飛ばしたものに直接チャッカマンなどで火をつけることです。

アルコールが残っていれば火がつきますので、すぐに判断ができます。

火がつかなければほぼアルコールは消失しているので、目安にしてみてください。

ただアルコールが消失したと思っても、妊娠中の女性や子供に積極的に勧めるのは好ましいことではありません。

お薬を飲んでいる人も含めて、粕汁は注意した方が良さそうです。

 

粕汁の栄養やアルコール分まとめ

粕汁は栄養満点だけどアルコール分が心配な人に向けて妊娠中の女性や子供でも飲めるのか、お酒の飛ばし方について詳しくご紹介してきました。

粕汁の原料の酒粕はたんぱく質や炭水化物、ビタミンやミネラルなど豊富な栄養が含まれます。

しかしアルコール分が含まれるので、妊娠中の女性や子供は要注意です。

酒粕のアルコールは78度以上で加熱し続ければ消失しますが、人によっては悪影響が出る可能性もあります。

直接火をつけて確認する方法もありますが、基本的には健康で薬を飲んでいない大人が食べるようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です