チャンプルーはゴーヤ以外でも作れる!基本的な味付けや意味とは?





突然ですが、チャンプルーって聞いた事はありますか?

沖縄に行ったことがない人やつながりがない人にとっては、聞いた事がない場合も多いでしょう。

チャンプルーは沖縄の人にとっては、切っても切り離せないようなポピュラーな料理なのです。

チャンプルーの中で最も有名なのが「ゴーヤ」を使ったものですが、実はゴーヤ以外にも数多くのチャンプルーがあります。

調理をするときの基本的な味付けについても、ぜひ知っておきたいですね。

今回は『チャンプルーの意味やゴーヤ以外の種類、基本的な味付けなど』を詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

チャンプルーはゴーヤ以外でも作れる!

チャンプルーときくと、多くの人がゴーヤチャンプルーを思い浮かべるのではないでしょうか?

でも実は、ゴーヤ以外にもおいしいチャンプルーのバリエーションがあるのです。

どんなバリエーションがあるのか、詳しく見ていきましょう。

 

ソーメンチャンプルー

茹でたそうめんと野菜を炒めたソーメンチャンプルーは、メイン料理として大活躍できる料理です。

一品料理は栄養面で心配になりますが、ソーメンチャンプルーであれば野菜たっぷりヘルシーなので安心できますね。

 

フーチャンプルー

フーとは沖縄で「車麩」を表し、肉の代わりに野菜とともに炒めます。

お麩が水分を吸って膨らみ、かなりのボリュームが出るのでお腹いっぱいになりますよ。

 

豆腐チャンプルー

お豆腐をメインとした炒め物で、野菜と肉は控えめにした少し変わったチャンプルーです。

ダイエット中でも豆腐はヘルシーなので、安心してお腹いっぱい食べられます。

 

 

チャンプルーの基本的な味付けとは?

チャンプルーを作るとき、どんな味付けをすれば良いのか沖縄の人でないとわからないですよね。

基本的な味付けを把握しておけば、アレンジもしやすくなるでしょう。

チャンプルーを作るときは、基本的に和風だしで味付けをします。

特にゴーヤを使うときは鰹だしにすると苦味をおさえることができ、美味しく食べられるのです。

和風だしの他には中華だしも合うので、いろんな味付けを楽しんでみるのも良いでしょう。

野菜や肉など素材の味を活かすためにも、味付けは濃くなりすぎないよう注意します。

卵でとじたときに味が薄まるので、味見は卵を入れた後にした方が良さそうです。

【スポンサーリンク】

チャンプルーは子供も食べられる?

チャンプルーは子供でも安心して食べられるのか、一家の食卓を管理するお母さんとしては気になる問題ですよね。

たしかにゴーヤチャンプルーは苦味があるので、子供には少し抵抗があるかもしれません。

しかしソーメンチャンプルーや豆腐チャンプルーであれば、子供でも食べやすく栄養も満点です。

豆腐は1歳前の赤ちゃんでも食べられるので、取り分けでも食べさせやすいですよね。

野菜と豆腐、卵など成長に必要な栄養素が一度に摂れるのでお勧めです。

ゴーヤチャンプルーの苦味が苦手という場合は、ゴーヤを輪切りにした後塩で揉んでから調理して鰹だしを染み込ませます。

苦味が強いものの栄養価が高いので、ぜひ子供にもチャレンジしてもらってくださいね。

 

チャンプルーの意味とは?

チャンプルーの食材は違えど、共通しているのは野菜や肉などを一緒に炒めているということです。

チャンプルーとは沖縄で、様々な食材を混ぜた料理に使います。

由来はインドネシアのチャンプルーからきているとされており、意味も同じです。

沖縄料理の多くは明治時代以降に誕生したので、チャンプルーも明治以降に沖縄の家庭で作られるようになりました。

1つの品物でたくさんの食材を食べられて、美味しいチャンプルーは手軽な家庭料理として沖縄以外でも親しまれてきています。

家にある身近な食材で作れるので、冷蔵庫の中身を整理する時にもぴったりですね。

 

チャンプルーの種類や意味、基本的な味付けまとめ

チャンプルーの意味やゴーヤ以外の種類、基本的な味付けなどを詳しくご紹介してきました。

チャンプルーは食材を混ぜ混ぜにする意味を持ち、沖縄料理の家庭料理として親しまれています。

現在では沖縄以外の日本全国で、多くの人に食べられているのが特徴です。

ゴーヤ以外にもソーメンチャンプルーや豆腐チャンプルーなど、さまざまな種類があります。

基本的な味付けは和風だしで仕上げますが、中華だしでも美味しくいただけますよ!

子供もゴーヤ以外のチャンプルーなら安心して食べられるので、ぜひ作ってみてくださいね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です