ニンニクを大量に食べ過ぎると危険?下痢や吐き気になる原因と対処法とは?





スタミナ料理には欠かせない食材といえば、ニンニクですよね。

食欲がなくても、ニンニクの香りを嗅げばつい食べ過ぎてしまうことも珍しくありません。

また食べると元気が出るということで、たくさんの量を食べる人も多いのではないでしょうか。

しかしニンニクは大量に食べ過ぎてしまうと、実は下痢や吐き気など危険な症状の原因となる可能性があるのです。

ではそんな危険な下痢や吐き気が起こらないようにするための対処法は、どのようなことがあるのでしょうか?

そこで今回は『ニンニクを大量に食べ過ぎると危険なのか、また下痢や吐き気の原因と対処法について』詳しくご紹介していきます。

 

【スポンサーリンク】

ニンニクを食べ過ぎると腹痛が起こる危険がある

ニンニクといえば強力な臭いがありますが、この香り成分が「アリシン」という物質です。

アリシンは主にニンニクをすりおろしたり細かく切った時などに発生し、強力な殺菌作用があります。

そのためニンニクを適量食べる分には体に良いものなのですが、食べ過ぎると腹痛を起こす危険性があるのです。

ニンニクを食べ過ぎることで、アリシンが腸内環境のバランスを崩してしまうことがあります。

アリシンの殺菌作用が、本来なら体に良い腸内の善玉菌もやっつけてしまうためです。

善玉菌が減少したために腸内環境のバランスが悪くなり、結果的に腹痛を起こす可能性があるのですね。

 

ニンニクの食べ過ぎで下痢が起こる原因

ニンニクに含まれるアリシンを食べ過ぎると、腹痛だけでなく下痢も起こる危険があります。

アリシンの殺菌作用により、良い菌と悪い菌が共存する腸内環境に変化が起こるのです。

腸内で水分が多くなってしまうと下痢の症状が起き、反対に水分が少なくなると便秘の症状が起きる可能性があります。

ニンニクの食べ過ぎか原因で下痢になったときには、腸内環境を整えるためにヨーグルトなどを食べると良いでしょう。

またお腹を冷やさないように冷たい飲み物とともにニンニクを食べるのは避け、出来るだけ温かい飲み物を飲むようにします。

何よりニンニクは多くても3片くらいにして食べ過ぎを防ぐのが、アリシンによる下痢予防につながるのです。

 

【スポンサーリンク】

ニンニクの食べ過ぎで吐き気を起こす原因

ニンニクに含まれるアリシンは胃壁に負担をかけるため、もともと胃が弱っていたりすると吐き気を感じることがあります。

ニンニクが原因で吐き気が起こりやすいケースとして、生のニンニクを食べ過ぎたことが挙げられます。

生のニンニクは加熱したものよりアリシンが多く含まれているので、胃壁を荒らしやすいのです。

またアリシン以外の吐き気の原因として、ニンニクアレルギーが可能性として考えられます。

特に大量に食べ過ぎていないのに毎回吐き気を感じる時には、アレルギーによるものである可能性が高く放っておくと危険です。

アレルギーが気になる場合は、病院で検査をしてみると詳しいことがわかります。

 

ニンニクの食べ過ぎで下痢や吐き気を予防するための対処法

ニンニクの食べ過ぎで下痢や吐き気が起こる場合は、事前に症状が起こるのを予防できれば危険を避けられて良いですよね。

では具体的にどのような対処法があるのか、主に3種類の方法を見ていきましょう。

 

①ニンニクは加熱してから食べる

ニンニクは加熱したものより生のもの、そしてそのままの形状よりすりおろしたものがアリシン含有量が高くなります。

そのため、生のすりおろしたニンニクが一番下痢や吐き気の原因になりやすいのです。

ニンニクを大量に食べる際には加熱をして、できるだけそのままの形状で食べるようにしましょう。

 

②ニンニクの量に注意する

ニンニクは大量に食べ過ぎると下痢や吐き気を引き起こしますが、具体的にどのくらいの量から食べ過ぎになるのでしょうか。

ニンニクは生の状態だと1片まで、加熱している状態のときは3片までなら問題ありません。

しかし自身の体調が万全でない場合には、ニンニクの食べる量を減らすなど工夫しましょう。

 

③普段から胃腸の調子を整える

ニンニクの食べ過ぎで胃腸の調子を崩さないためにも、普段から胃腸の調子を整えておくことが大切です。

胃腸は自律神経の影響を受けやすいので、規則正しい生活や危険な暴飲暴食を避けていきましょう。

 

ニンニクの食べ過ぎに関するまとめ

ニンニクを大量に食べ過ぎると危険なのか、また下痢や吐き気の原因と対処法についてご紹介してきました。

ニンニクには「アリシン」という香り成分が含まれていて、これが胃腸に負担をかけて下痢や吐き気の原因となります。

アリシンは適量ならば良い作用があるのですが、摂りすぎると体に負担がかかって危険です。

ニンニクの食べ過ぎによる危険性を回避するには加熱してから食べたり1日生なら1片、加熱したものは3片までにとどめておきましょう。

そして普段から胃腸の調子を整えておき、ニンニクの食べ過ぎで下痢や吐き気が起こりにくいようにしておくことも大切です。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です