はちみつを赤ちゃんに与えてはいけない理由とは?いつから大丈夫なの?注意点とは?





砂糖に比べて優しい自然な甘さが特徴の、トロリとしたはちみつ。

お菓子に使うだけではなく、料理のソースや隠し味などにもたくさん活用されています。

一見すると万能調味料のような位置付けのはちみつですが、実は気をつけなければならない点があるのです。

はちみつの注意点は、赤ちゃんには使えないということ。

はちみつはいつからなら食べても問題ないのか、赤ちゃんに使えない理由なども気になります。

そこで今回は『はちみつが赤ちゃんに与えてはいけない理由についていつから大丈夫なのか、注意点など』を詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

はちみつは赤ちゃんに与えてはならない?

はちみつをよく食べる人は見たことがあるかもしれませんが、実はラベルに「1歳未満の乳児には与えないでください」と注意書きがあります。

つまり0歳代の赤ちゃんには、はちみつを食べさせてはならないという意味なんですね。

はちみつはミツバチが作り出す天然の食べ物であるが故に、特に殺菌処理がされていません。

実ははちみつには「ボツリヌス菌」という有毒な細菌が含まれていて、これが赤ちゃんにはちみつを与えられない理由です。

1歳未満の赤ちゃんはボツリヌス菌を処理する能力がまだ未完成なので、場合によっては命に関わるような症状が現れます。

実際に日本でも乳児にはちみつを食べさせたことで、死亡例があってニュースにもなりましたよね。

多くの場合では死亡する可能性は少ないですが、ボツリヌス菌は有毒物質なので離乳食などで与えることのないように注意しましょう。

特に知識が少ない祖母の世代は、間違えてはちみつを与えてしまうこともあるようです。

必ずはちみつを与えてはいけないことを説明して、誤食を予防してくださいね。

 

はちみつはいつから食べられるようになる?

はちみつは1歳未満の乳児には与えてはいけませんが、具体的にいつから食べられるようになるのでしょうか?

基本的に1歳を過ぎたらボツリヌス菌を処理する能力が完成するので、はちみつを与えても問題はありません。

しかし、心情として1歳の誕生日を過ぎた翌日からはちみつを与えるというのは、なかなか難しいものがあります。

安心して赤ちゃんに食べさせるためには、1歳半など良い区切りで与えてみるのがお勧めです。

油断せずに最初は少量から与えて、特に体調に変化がなければ大丈夫でしょう。

いつからというのは1歳以上と大まかに言われますが、1歳を過ぎて与えるタイミングは親の判断に委ねられるところです。

【スポンサーリンク】

はちみつの赤ちゃんへの注意点とは?

はちみつは赤ちゃんに食べさせてはダメ!という基礎知識は把握しているものの…ほかの注意点はないのでしょうか?

実ははちみつを食べなくても、お菓子やパンの中にはちみつが練りこんであるケースもあるのです。

ボツリヌス菌は加熱したからといって死滅することがないので、お菓子やパンに含まれるはちみつもそのまま摂取したのと同じことになってしまいます。

意外と祖父母世代だと「加熱すれば大丈夫」と考える人も多いので、祖父母に赤ちゃんを預ける時には気をつけましょう。

1歳未満の乳児にパンなどを与える時には、赤ちゃん用のものを除いてきちんとラベルを見るようにしてください。

原材料にはちみつと記載されているものは、1歳未満の赤ちゃんには適していません。

注意点をしっかり把握して、赤ちゃんに間違えてはちみつを与えないようにしましょう。

 

はちみつは授乳中食べても大丈夫?

赤ちゃんがはちみつを食べてはいけないことは理解しつつも、では母乳を与えているお母さんは食べてしまっても大丈夫なのでしょうか?

母乳は食べたものが影響するという話をよく聞くので、心配になっている授乳中のお母さんも多いですよね。

はちみつは母乳からそのまま赤ちゃんへ影響することはないので、授乳中でもホットケーキなどにかけて食べるのは問題ありません。

もちろん妊娠中もはちみつを食べてしまって大丈夫なので、安心してくださいね。

はちみつは胃の痛みなどを和らげてくれたり、ホットミルクに入れるとリラックス効果が高まったりします。

妊娠中や授乳中はゆっくり眠れないという人も多いので、はちみつを活用して美味しくリラックスしましょう。

 

はちみつの赤ちゃんへの注意点まとめ

はちみつが赤ちゃんに与えてはいけない理由についていつから大丈夫なのか、注意点などを詳しくご紹介してきました。

はちみつは1歳未満の乳児に与えるとボツリヌス菌を処理できないため、命に関わる症状が出ることがあります。

いつからあげて良いのは1歳以上になればお母さんの考えによって変わりますが、1歳半くらいであれば安心できそうです。

注意点としては赤ちゃんにはちみつが練り込んであるパンやお菓子などを食べさせないように、ラベルをきちんと見ることが挙げられます。

授乳中や妊娠中のお母さんに関しては、はちみつを食べても全く問題はありません。

正しい知識を身につけて、赤ちゃんを危険にさらさないようにしたいですね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です