クレソンは食べ過ぎても大丈夫?栄養と効能とは?





クレソンと聞いても、まだまだよく知らないという人も多いかもしれませんね。

一番わかりやすいのはレストランでハンバーグなどを頼んだ時に横に添えてある濃い緑色の草、といえばピンとくるでしょうか?

クレソンは日本名では「オランダからし」といい、ピリッと辛みがあるのが特徴です。

少し味にクセがあるので、なかなか食べ過ぎるという機会は他の野菜に比べて少ないですよね。

しかし最近はその栄養価の高さと健康への効能から注目されているので、クレソンを食べ過ぎてしまうケースも少しずつ増えてきました。

そこで今回は『クレソンを食べ過ぎても大丈夫なのか、栄養と効能について』も詳しくご紹介していきます。

 

【スポンサーリンク】

クレソンの食べ過ぎは大丈夫なの?

クレソンを食べ過ぎてしまうと、何か体にとってよくないことは起こるのか気になりますよね。

まず気になるカロリーですが、クレソンは100g摂取したとしてもたったの15キロカロリーなのでとてもヘルシー。

たとえ食べ過ぎたとしても、太る心配はなさそうですね。

またクレソンには葉酸が豊富に含まれているのですが、葉酸はとりすぎると過敏症を起こす可能性があります。

ただ1日の上限が1000μgで食事からでは吸収率も悪いため、クレソンを食べ過ぎたとしても取り入れるのは半分にも満たないでしょう。

そうなるとクレソンを食べ過ぎたとしても、栄養のとりすぎになるくらいで害にはなりません。

安心してたくさん食べられる野菜のひとつですが、そもそも大量に食べるようなものではないので心配はなさそうですね。

 

クレソンに含まれる栄養は豊富!

クレソンはスーパーフードといわれるくらい、豊富な栄養が含まれています。

クレソンなどの緑黄色野菜に含まれるβカロチンは、体内でビタミンAに変換される皮膚や目の健康に欠かせない栄養素です。

また貧血予防の栄養として鉄分と葉酸が豊富なので、相性の良いビタミンB12を含む食べ物と合わせると相乗効果が期待できるのです。

骨を丈夫にするために必要なカルシウムはマグネシウムと相性が良いのですが、クレソンにはこの2つが豊富に含まれています。

食べ過ぎなくても100g摂取すれば十分な量の栄養を取り入れることができるので、少し味が苦手でもちょっとずつ食べてみましょう。

 

【スポンサーリンク】

クレソンの健康への効能はどんなものがある?

クレソンの健康への効能は、将来の健康も支えるようなものがたくさんあります。

例えばクレソンの辛み成分は殺菌作用が強く、なんとがん細胞を死滅させる効果が期待できるほど。

またデトックス作用もあるので、便秘解消やアンチエイジングなどの効能もあります。

βカロチンやビタミンCが豊富なことから、美肌効果も期待できますね!

女性には嬉しいことばかりの効能がズラッと並ぶクレソン、更年期の骨粗しょう症予防にもなるので積極的に取り入れてみてくださいね。

 

クレソンの食べ過ぎ注意!適量を美味しく食べる方法

クレソンは食べ過ぎても水溶性のビタミンなどが尿と流れ出てしまうので、少量ずつをこまめに食べた方が効果的です。

またたくさん食べるにも、クセのある味が苦手という人も多いですよね。

クレソンのビタミン類は加熱することで溶け出してしまうことが多いので、なかなか加熱調理には向きません。

しかし栄養の破壊を最小限に抑えるために、サッと湯通しして食べると苦味が抑えられます。

クレソンが肉料理の添え物になっている理由は、この苦味が脂っぽくなった口の中をさっぱりさせてくれるからなんですね。

また胃の活動を活発にして、消化を促す作用もあります。

クレソンの栄養と効能を最大限に活用するためには調理法も工夫したり、大丈夫ならば生でサラダにすることをおすすめします。

 

クレソンの食べ過ぎに関するまとめ

野菜の中でも特に栄養価が高いクレソンを食べ過ぎても大丈夫なのか、含まれる栄養と効能についてご紹介してきました。

クレソンはカロリーも低くて栄養をとりすぎて害になることもまずないため、食べ過ぎても問題はありません。

しかし食べ過ぎ自体になる機会は、それほど多くはなさそうですね。

クレソンにはβカロチンを筆頭としてビタミン類やカルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。

そのためデトックスやアンチエイジング、美肌に良い効能があるのです。

女性なら特に、クレソンを食べて美しい見た目と中身を維持して欲しいですね。

多少食べ過ぎても大丈夫なので、調理法にだけ気をつけて取り入れていきましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です