焼肉を食べ過ぎた後の胃もたれをスッキリ解消する方法とは?





焼肉といえばいつもお腹いっぱい食べて幸せになれるとして、誰もが楽しめる食べ物ですよね。

でもついついいつもより食べ過ぎてしまい、胃もたれがして後から「あちゃー…」となることも多いのです。

せっかく楽しく焼肉を食べていたのに、食べ過ぎによって胃もたれで苦しい思いをするのは辛いもの。

少しでも焼肉を食べた後の消化不良をスッキリ解消できれば、安心して食べられますよね。

でも焼肉を食べ過ぎた時の胃もたれを解消する方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は『焼肉を食べ過ぎた後の胃もたれをスッキリ解消する方法』について、詳しくご紹介していきます。

 

【スポンサーリンク】

焼肉を食べ過ぎた後に胃もたれがする原因とは?

普段の食事ではあまりないのに、焼肉を食べ過ぎた後はいつも胃もたれがする…そんな人も多いのではないでしょうか?

これは焼肉には脂分がたくさん含まれていて、胃での消化作用が遅くなるためです。

通常消化に良い柔らかくてあっさりしたものなら、3〜4時間で消化されます。

しかし焼肉の場合は、消化時間が5〜6時間とかなり遅くなってしまうのです。

そのため焼肉は食べ過ぎた場合胃に長く留まることになるので、胃もたれがしてくるわけですね。

また次々肉を焼いて食べるため、いつもより早食いになってしまうことも焼肉の食べ過ぎで胃もたれが起こる原因のひとつです。

 

焼肉を食べ過ぎても胃もたれしない食べ方

焼肉を食べ過ぎると胃もたれしてしまうけど、でもどうしても食べたい!

そんな衝動にかられることってありますよね?

そこで焼肉をたくさん食べ過ぎても胃もたれを起こしにくい食べ方をして、消化不良にならないよう意識していきましょう。

まず心がけるポイントは、早食いせずにしっかり噛んで食べることです。

その他には焼肉との食べ合わせが重要になってきます。

消化酵素を含んだ大根を使ったカクテキキャベツサラダパイナップルジュースなどが胃の働きを促してくれるので胃もたれ予防におすすめです。

焼肉を食べるときはゆっくり慌てず、食べ合わせにも気を使ってみてくださいね。

 

【スポンサーリンク】

焼肉を食べ過ぎて胃もたれした時の解消方法とは?

焼肉を食べ過ぎてしまって胃もたれして気持ち悪い…!

そんな時に胃のモヤモヤをスッキリ解消する方法を実践して、気分の悪さとサヨナラしましょう。

 

右を下にした横向きで寝る

胃の出口は右側にあるので、焼肉にかかわらず食べ過ぎで胃もたれを起こしているときは右を下にして横になるのがモヤモヤ解消に効果的です。

ただ気持ち悪いときはなかなか横になれないので、上半身を少し起こした姿勢にすると楽になります。

動かないでじっとしておくことも、胃もたれ解消には大切なのです。

 

胃薬を飲む

太田胃散やキャベジンなど、食べ過ぎによる胃もたれを解消してくれる薬も役に立ちます。

特に焼肉は脂分が強いので、脂の分解を促進してくれる胃薬を選びましょう。

 

しばらく消化の良いものを食べる

焼肉を食べ過ぎて胃がもたれているときは消化能力が落ちているので、2〜3日は消化の良い食べ物を選ぶようにします。

おかゆやうどんなど喉越しが良くて胃に負担がかからないものを食べる方法は、胃を休めるのに効果的です。

あまりに焼肉を食べ過ぎたときは、しばらくたくさん食べるのを控えた方が良さそうですね。

焼肉の食べ過ぎに関するまとめ

焼肉を食べ過ぎた後の胃もたれをスッキリ解消する方法について、詳しくご紹介してきました。

焼肉を食べ過ぎて胃もたれを起こすのは、脂分が多くて消化に時間がかかるためです。

焼肉を食べ過ぎても胃もたれを起こしにくくするには、ゆっくり噛んで食べ合わせにも気を使うことが大切になります。

また気持ち悪くなったときの解消方法は安静にして右を下にして横になったり、薬を飲むことが効果的です。

しばらくは消化の良いものを胃に入れて負担を減らし、焼肉の食べ過ぎによるダメージを回復させていきたいところです。

美味しくてついつい許容範囲を超えてしまう焼肉ですが、胃のことも考えつつ楽しく食べたいですね!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です