小豆の食べ過ぎで起こる副作用とは?栄養や効能はどうなの?





普段はなかなか豆から作ることは少ないですが、和菓子には欠かせない食材といえばあんこ。

そのあんこはあずきから作られており、洋菓子にはない上品な甘さが特徴です。

あずきはあんこの他にも赤飯などに使われていますが、もし食べ過ぎた時に副作用が起こるということはあるのでしょうか。

また豆類ということで栄養や効能も、体に良いものが期待できそうですよね。

そこで今回は『あずきの食べ過ぎで副作用が起こることはあるのか、気になる栄養や効能について』詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

あずきの食べ過ぎは副作用が出る?

あずきの食べ過ぎは副作用が出る…これは本当なのでしょうか?

あずきには大豆と同じようにイソフラボンという成分が含まれていますが、実は過剰摂取でホルモンバランスが乱れてしまう可能性があるのです。

イソフラボンは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た作用をもつため、ホルモンを過剰に摂取するのと同じ状態になってしまうんですね。

例えば婦人科系の病気でも子宮筋腫など、ホルモンが関わっている疾患を抱えている人は要注意です。

ただ要注意とはいっても、よほどの量を食べ過ぎない限りは問題ないので安心してくださいね。

またあずきには利尿作用もあるので、食べ過ぎたなと思った時は水分を多めにとりましょう。

膀胱炎になりやすい人などは、あずきを食べて水分を多く摂取すると良いかもしれないですね。

基本的にあずきの食べ過ぎで副作用が起こるということはまずないので、安心してください。

 

あずきの食べ過ぎは太るの?

あずきと聞けば甘いあんこをイメージする人が多いと思いますが、食べ過ぎてしまうとやはり太るのでしょうか?

あずきは枝豆に比べて糖質が約3倍と、結構多めです。

ただカロリーに関して言えば100gあたり150キロカロリーと、ヘルシーな数字なんですね。

あずきは食べ過ぎると太ると言われるのは、おそらく「あずき単体で食べることが少ないから」ではないでしょうか。

あずきは大量の砂糖とまぜてあんこなどを作ってお菓子にするなど、スイーツとして食べることが多い食べ物です。

あずきだけで食べれば食べ過ぎない限りは太る可能性は少ないけれど、お菓子として食べ過ぎてしまうから太ってしまうんですね。

ただ生クリームなどを使った洋菓子に比べれば、カロリーも低くなっているのでダイエット中は和菓子を食べたいところです。

【スポンサーリンク】

あずきは食べ過ぎなければ栄養豊富!

あずきは食べ過ぎに注意をしていれば、実は栄養豊富で体に良いことがたくさんある食べ物なんです!

ではあずきにはどんな栄養が含まれているのか、詳しく見ていきましょう。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は炭水化物を消化して、エネルギーに変えてくれる働きがあります。

あずきといえばおまんじゅうや大福が思い浮かびますが、実はとっても相性が良い組み合わせなんですよ!

 

サポニン

聞きなれない栄養成分ですが、主にあずきの皮に含まれています。

あずきに利尿作用があるのは、実はこのサポニンの作用なのです。

 

食物繊維

あずきには食物繊維が豊富で、水溶性と不溶性をバランスよく含んでいるところがポイントです。

お腹の健康を維持したい人は、ぜひあずきを定期的に食べたいですね。

 

鉄分

女性に不足しがちな鉄分、貧血にならないためにもたくさん食べておきたいですね。

妊娠中や授乳中の女性にも、おすすめできる食べ物なのです。

 

 

あずきの体に良い効能とは?

あずきには女性に嬉しい栄養が豊富であることがわかりましたが、どんな体に良い効能を持っているのでしょうか。

あずきの食べ過ぎに注意しながら、健康的な食生活を送っていきたいですよね。

ではあずきの効能について、詳しく見ていきましょう。

 

  • デトックス作用がある

あずきの皮に含まれるサポニンが、体の老廃物を排出してくれます。

利尿作用やお通じの改善などで、膀胱炎の予防や便秘解消の効能が期待できます。

 

  • 腸内環境を整える

食物繊維は便秘を解消してくれますが、腸内環境が整うと全身の免疫力が高まるなど良いことづくしなのだそうです。

毎日便通があると老廃物が溜まりにくい体質ということで、美肌の効能もあるのです。

 

  • 母乳の出を良くする

赤ちゃんを産んだお母さんの中には母乳の出に対して苦労する人もいますが、あずきは母乳の出を良くする効能があります。

産後は甘いスイーツを我慢しているという人も、あずきを使ったスイーツをうまく取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

あずきの食べ過ぎに関するまとめ

あずきの食べ過ぎで副作用が起こることはあるのか、気になる栄養や効能について詳しくご紹介してきました。

あずきの食べ過ぎはよほどでない限り副作用が起こることもなく、安全に食べられます。

しかし、イソフラボンが含まれているので、婦人科系疾患を持つ人は注意しましょう。

糖質は高めであるもののカロリーも低く、洋菓子に比べればヘルシーです。

気になる栄養面ではビタミンやサポニン、食物繊維や鉄分などが含まれています。

体の老廃物を排出したり便通を促す効能や、母乳の出を良くすることもあります。

ぜひあずきを料理やお菓子に使って、健康的に美味しく食べていきたいですね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です