賞味期限の切れたビールって大丈夫?飲めない場合の活用法はあるの?





家飲みやバーベキューのためにたくさん購入したビール、余った後なんとなく冷蔵庫でそのまま…ということはありませんか?

ビールに賞味期限があるのかと、切れてしまってから残念に思うケースが多いんですよね。

でもビールがたくさんあると、つい飲めないままで賞味期限切れになってしまう気持ちもわかります。

そんな賞味期限切れのビールを、なんとか活用する方法はあるのでしょうか?

今回は『賞味期限の切れたビールって大丈夫?飲めない場合の活用法について』詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

ビールには賞味期限がある!

お酒というと「年代物」があるイメージが強いことから、賞味期限があることを忘れてしまいますよね。

しかし、ビールの場合はお酒の中でも飲んだ時の爽快感が強く、日が経つごとに喉ごしが悪くなっていきます。

ビールは麦芽を発酵させて作っていますが…熟成させるのは良いものの、爽快感が失われてはビールらしさがなくなってしまいます。

日本ではビールを美味しく飲める期間として、賞味期限を9ヶ月と定めているのです。

キリンでもアサヒでも、どのメーカーでも9ヶ月という賞味期限は一緒です。

ビールを購入するときには賞味期限を確認して、9ヶ月以内に飲み切れるかどうかを考えて買いましょう。

 

ビールは賞味期限切れだと飲めないの?

ビールがウッカリしてて賞味期限切れになっちゃった!と後悔しながらも、もう飲めないのか気になってしまいますよね。

賞味期限というのは「美味しさを維持できる期限」のことなので、美味しいかどうかは別として飲めなくなるわけではないですよという意味。

賞味期限切れのビールを飲んだからと言ってお腹を壊す心配はそこまでないので、味にこだわりさえしなければ大丈夫です。

ただ賞味期限を大幅に過ぎていたり、明らかににおいや味がおかしいと言った場合には飲まない方が良さそうですね。

賞味期限切れのビールは新鮮さが失われているので、炭酸のキレが悪かったり泡があまり出なかったり…物足りなさは多く感じるかもしれません。

賞味期限切れになるとビールは酸味が強くなる傾向にあるので、飲むと割とすぐに劣化がわかります。

いくら無害とはいっても、やはり味や喉ごしが悪いのでは…という人は別の用途に活用してみるのも良いですね。

次の項目から詳しく説明していきますよ!

【ビールの飲み過ぎについてはこちらをご覧ください】

 

【スポンサーリンク】

ビールを飲みきれない時の活用法とは?

ビールを賞味期限内に飲み切れなかったとしても、缶ビールであれば半年くらいはなんとか飲めるレベルを保っています。

でもやっぱり飲み切れないという場合は、どんなふうに活用すれば良いのでしょうか?

まずは賞味期限切れになりそうだけど、なんとか期限内のビール活用法を見ていきましょう。

まだ賞味期限内のビールは飲むこともできますが、料理に使うこともできます。

焼きそばの麺をほぐすのにビールをかけると、美味しく出来上がるという話を聞いた事がある人もいるかもしれません。

またビール酵母がお肉を柔らかくするので、肉を漬けておくのにも最適です。

ビールの発泡を活かして、揚げ物の衣に使うのもサクッと揚がるポイントになります。

ビールは単に飲むだけではなくて、意外といろんな料理に活用できるんですね。

賞味期限内ならば料理に使っても罪悪感もないですし、飲み切れなさそうであればどんどん使ってしまいましょう!

 

ビールが賞味期限切れになった後の活用法

では賞味期限切れになったビールは、どのように活用すれば良いのでしょうか?

賞味期限切れになっても今すぐ影響が出るということはないとわかってはいても、やはり体に入れるのはためらってしまいますよね。

そんな時はビールを飲むのではなく、掃除に使ってしまいましょう。

ビールには油を分解する力があるので、コンロ周りなど油がつきやすい場所を掃除するのに最適なのです!

コンロ周りの油汚れが気になる場所にビールをかけて、少し放置してからふき取ると綺麗に汚れが落ちます。

油を浮かせる効果は炭酸によるものなので、古くなり過ぎて炭酸が抜けてしまったものに関しては観葉植物にあげると良いでしょう。

ビールといえば糖分が含まれていることは有名ですが、実はこの糖分が観葉植物にとって栄養となって成長するための餌となるんですね。

観葉植物にあげる場合には炭酸が入っていても抜けていてもどちらでも問題ないので、家で観葉植物を飾っている人はぜひビールを活用してみてくださいね。

 

ビールの賞味期限切れの活用法まとめ

ビールを飲み切れないで賞味期限切れになった時のために、飲めない場合の活用法について詳しくご紹介してきました。

ビールには国内メーカーの取り決めで、9ヶ月間の賞味期限を設けています。

ただ賞味期限切れとなってもすぐに飲めなくなるわけではなく、風味や喉ごしなどが劣化するのみです。

ただあまりに古くなったビールは味が酸っぱくなるなど飲めなくなってくるので、掃除に使ったり観葉植物にあげたりしましょう。

賞味期限内であれば料理に使うのもおすすめなので、できれば期限内に使い切りたいですよね。

ビールがたくさんあって困っている人は、ぜひいろんな用途で使ってみてくださいね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です