日本酒の飲み過ぎによる症状や対処の仕方とは?何合までなら適量なの?





お酒が強い人や大好きな人がよく飲むイメージがある日本酒。

お酒が弱い人は、日本酒だと香りだけで酔ってしまいそうですよね。

日本酒はアルコールが強そうですが、飲み過ぎた場合にはどんな症状が出てしまうのでしょうか?

また日本酒を飲み過ぎたときの対処や、何合までなら量を飲んでも大丈夫ということを頭に入れておけば少しは安心ですよね。

そこで今回は『日本酒の飲み過ぎによる症状や対処の仕方、そして何合までなら適量なのか』を詳しくご紹介していきます。

 

【スポンサーリンク】

日本酒の飲み過ぎで起こる症状とは?

日本酒の飲み過ぎは高濃度のアルコールを摂取することになるので、様々な症状が出る場合があります。

一気に飲むと急性アルコール中毒になることもありますが、その他に多くの人が飲み過ぎで起こり得る症状を見ていきましょう。

 

①吐き気などの消化器症状

日本酒の飲み過ぎで多いのは、やはり一般的なアルコールによる症状である吐き気などです。

日本酒は飲んだ翌日にも体に残りやすい傾向があり、胃がムカムカしたり嘔吐してしまう場合もあります。

 

②頭痛や筋肉痛などの痛み

日本酒に限らず、アルコールの飲み過ぎで血管を広げてしまうことで頭痛が起こる場合があります。

また日本酒の飲み過ぎで栄養バランスが良くないことが原因で、筋肉痛の症状が起こることもあるので要注意です。

 

③脱水症状

日本酒という水分をとっているのだから、脱水にはならないんじゃないの?と考えてしまいがちですが…。

実は日本酒を飲み過ぎると、利尿作用が強く働いて逆に体から出て行く水分の方が多くなってしまうのです。

知らない間に脱水症状が進んでいる場合もあるので、気をつけなければなりません。

 

 

日本酒の飲み過ぎによる症状の対処の仕方とは?

日本酒を専門店などで注文したことのある人はご存知かもしれませんが、実は日本酒を頼むと一緒にお水が提供されます。

これを「和らぎ水」といい、アルコール度数の高い日本酒を飲み過ぎて具合が悪くならないように調節できるものなのです。

水を合間合間に飲むことで、日本酒の飲み過ぎを防いで酔いを回りにくくしてくれます。

また和らぎ水は日本酒を飲み過ぎた時の脱水症状を予防したり、二日酔いになりにくくする効果も期待できるのです。

また熱燗を飲む場合には少し水を加えてマイルドにして飲むことで、酔いが一気に回るのを防いでくれます。

これらの対処方法を把握しておくと、万が一飲み過ぎそうな場合でも安心ですね。

 

【スポンサーリンク】

日本酒は何合までなら適量で飲み過ぎにならない?

日本酒の場合、何合までなら1日の適量として飲み過ぎにならないのか気になりますよね。

日本人はお酒に対しての分解能力が欧米人に比べて弱いので、1日のアルコールの適量は20gです。

日本酒に換算すると何合までなら大丈夫なのかというと、1日1合までという少ない量になります。

それだけ日本酒はアルコールが強いので、飲み過ぎには注意しなければならないのですね。

またこの日本酒の量は、日本人がアルコールを分解できる平均時間から換算して4〜5時間かかる適量とされています。

つまり次の日にも残りにくい量ということなので、目安にしてみてくださいね。

 

日本酒の飲み過ぎ注意!冷酒と熱燗に違いはある?

日本酒の中でも、特に好みが別れるのが熱燗冷酒です。

一般的に熱燗の方が、飲み過ぎによって悪酔いしやすいと言われることが多いですよね。

また冷酒の方が飲みやすく、飲んでも気持ち悪くなりにくいのが特徴です。

これには理由があって、熱燗を飲むことで温かい日本酒が胃腸の働きを高めて吸収されやすくなるからなのです。

しかし熱燗の場合は酔いが回りやすい分、良い考え方をするとそれだけ飲み過ぎを防ぐこともできると言えますよね。

冷酒は喉越しが良い分つい飲み過ぎてしまいがちなので、少しずつ無理のない量を飲むのが一番です。

日本酒はお酒の中でも特に飲まれやすいので、周りの影響を受けずに「今日も1合だけ」と決めて飲んでいきましょう。

1合だけなら酔っ払っても、すぐに対処をして事なきを得る場合がほとんどです。

 

日本酒の飲み過ぎに関するまとめ

日本酒の飲み過ぎによる症状や対処の仕方、そして何合までなら適量なのかを詳しくご紹介してきました。

日本酒は飲み過ぎるとアルコール中毒の症状が起こりやすく、対処が遅れると辛い思いをしてしまいます。

日本酒の飲み過ぎの効果的な対処方法は、和らぎ水を一緒に飲んでアルコール濃度を下げる事です。

また1日に1合が日本酒の適量なので、無理をしないように飲める範囲で楽しむようにしましょう。

特に熱燗よりも冷酒の方が多く飲み過ぎてしまいがちなので、注意してくださいね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です