チンゲンサイを食べ過ぎても大丈夫?カロリーや栄養効果とは?





中華料理の食材として使い、火を通してもシャキシャキと歯ごたえが失われないチンゲンサイ。

日常的に食べることは少ないかもしれませんが、中華飯店に行くとたくさん食べる機会がありますよね。

チンゲンサイを食べ過ぎた時、体に何か影響はないのか心配になりませんか?

またカロリーも気になるところです。

チンゲンサイは青菜の仲間ですが、その栄養や効果も期待できそうですよね。

そこで今回は『チンゲンサイの食べ過ぎは大丈夫なのか、カロリーや栄養、効果などについて』詳しくご紹介していきます。

 

【スポンサーリンク】

チンゲンサイの食べ過ぎによる影響とは?

チンゲンサイを食べ過ぎたからといって、何かの病気にかかりやすくなるなどの悪影響は特にありません。

残留農薬が気になる場合は良く洗って水につけると、大部分は洗い流すことができます。

しかし、チンゲンサイを食べ過ぎると、野菜ばかりになって肉などのタンパク質が不足することが懸念されるのです。

タンパク質不足になると実は肌のハリや透明感が失われやすくなり、女性にとっては死活問題になります。

ビタミンなど一見肌に良さそうな栄養ばかりとっていても、あまり良くはないのですね。

チンゲンサイの食べ過ぎは栄養バランスを崩してしまう可能性があるので、体にとってはあまり良いこととはいえないようです。

チンゲンサイを食べるときは、肉やその他大豆製品などをバランスよく取り入れるのが一番なんですね。

 

チンゲンサイの食べ過ぎ注意?カロリーは?

チンゲンサイを食べ過ぎた時にもうひとつ心配なのが、カロリーの摂取オーバーです。

チンゲンサイ1株あたりのカロリーは、どのくらいなのでしょうか。

実はチンゲンサイ1株のカロリーは、およそ8キロカロリー

かなりヘルシーな野菜であることがわかるので、ダイエットには最適なのです。

ただ、ひとつ注意するとしたら味付けや調理方法ですよね。

多めの油で炒めて濃い味付けにすればその分カロリーも高くなるので、なるべくシンプルな炒め物などにするのがおすすめです。

チンゲンサイは比較的さっぱりしたクセの少ない味の青菜なので、味付けをしっかりさせたいときは醤油などを使いましょう。

一度にたくさん食べてもカロリーオーバーにはなりにくいのがチンゲンサイの特徴ですが、副菜のヘルシーメニューのひとつとして食卓に並べたいですね。

 

【スポンサーリンク】

チンゲンサイは食べ過ぎなければ栄養豊富な野菜!

実はチンゲンサイは、食べ過ぎなければ体にとても良い栄養のたくさん詰まった野菜なんです!

それでは具体的にどのような栄養がチンゲンサイに含まれているのか、見ていきましょう。

①βカロチン

チンゲンサイはその見た目から、緑黄色野菜の仲間であることは一目瞭然です。

緑黄色野菜といえば、摂取して体内に吸収されるとビタミンAに変換されるβカロチンが多い特徴があります。

βカロチンはビタミンAとして皮膚や粘膜の強化や、目に良い作用があります。

動物性のビタミンAと違い体に蓄積されることもないので、安全に摂取できるのも魅力的です。

 

②カリウム

摂取することで体内の水分量を調節してくれて、過剰な塩分を排出してくれる作用があります。

普段から濃い味付けが好みだったり、むくみがあったりした場合はカリウムを多く摂取すると良いでしょう。

 

③カルシウム

骨を丈夫にしたり精神を安定させる作用をもつカルシウムも、チンゲンサイには豊富に含まれています。

実はチンゲンサイのカルシウムは、茹でた時が一番多く摂取できるのです。

そのため調理をするときは茹でて、中華食材で活躍するきくらげと一緒に食べると良いでしょう。

きくらげに豊富に含まれているビタミンDが、カルシウムと非常に相性が良いのでおすすめです。

 

④ビタミンC

ビタミンCは熱に弱いので加熱すると調理段階でいくらか失われてしまいますが、そこまで極端には減りません。

ビタミンCは美肌効果だけではなく、免疫力を高めるなど体に良い作用がたくさんあります。

美容と健康のためにも、チンゲンサイをたくさん食べたいですね。

 

 

チンゲンサイの意外な効果とは?

チンゲンサイは栄養豊富な緑黄色野菜ですが、実は健康への意外な効果も期待できるのです。

どのような効果が期待できるのか、見ていきましょう。

 

①抗がん作用や老化防止

チンゲンサイはアブラナ科ですが、この系統の野菜に多く含まれているのが「アリルイソチオシアネート」です。

この成分は強力な抗酸化作用があり、がん予防や老化防止に効果が期待できます。

 

②尿酸値を下げる

チンゲンサイには尿酸を積極的に排出させるカリウムやビタミンCが豊富なため、尿酸値を下げる効果が期待できます。

尿酸値が高いと痛風や高尿酸血症になりやすいので、注意が必要です。

チンゲンサイの食べ過ぎも問題ですが、このような場合は積極的に食べたいですね。

 

 

チンゲンサイの食べ過ぎに関するまとめ

チンゲンサイの食べ過ぎは大丈夫なのか、カロリーや栄養、効果などについて詳しくご紹介してきました。

チンゲンサイは低カロリーで体への影響がほぼない野菜ですが、食べ過ぎとなるとタンパク質不足が気になります。

バランスよく食べることで栄養不足は解消しますが、もともとビタミンやミネラルが豊富でさまざまな体への効果も期待できます。

緑黄色野菜なので美容効果だけでなく、体に良い栄養もしっかり摂取できるのです。

チンゲンサイをスーパーで見つけたら、ぜひ調理して食卓に並べてみてくださいね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です