ドリアンの食べ過ぎの危険性とは?ビールとの食べ合わせが危ないってほんとなの?





果物の王様と呼ばれるドリアンですが、実は他にも危険な香りのする異名があることをご存知でしょうか?

悪魔のフルーツと言われることもあり、その理由は食べ過ぎた時やビールと食べ合わせた時に危険だからと恐れられているのです。

ドリアンはなかなか日本のスーパーなどでは売られていることは少ないですが、食べ過ぎてしまうとどんな危険性があるのでしょうか。

またビールと食べ合わせが悪いと言われる理由は、一体何故なのでしょう?

そこで今回は『ドリアンを食べ過ぎた時の危険性、ビールとの食べ合わせが良くない理由などについて』詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

ドリアンを食べ過ぎると危険って本当?

ドリアンといえば一番に思い浮かぶのが、強烈なニオイですよね。

ドリアンのニオイは皮を剥いた裏側が発生源なので、そのままでは臭くはありません。

なんというか、ネギを腐らせたようなとにかくものすごいニオイなんですよね。

味はほんのりした甘みと少し青臭さのあるクリーミーな感じで、クセになるような美味しさが特徴です。

ドリアンを愛食している東南アジアではこの絶妙な食感と味の虜になっている人が多く、食べ過ぎてしまうことも珍しくないのだとか。

なんと地元のニュースでは、ドリアンの食べ過ぎで死亡したというものまであります。

ドリアンの食べ過ぎが危険と言われる理由は、この死亡者のニュースがもとになっていそうですね。

ドリアンは1個あたり1,000キロカロリーもあり、アボカドに次ぐカロリーの高さです。

一度にとんでもない量のカロリー摂取をするということなので、体のどこかに影響は出そうですが…。

ドリアンの食べ過ぎで死に至る危険があるというのは、少し大げさな気がしますね。

でもクセになりやすい中毒性のあるフルーツというのは間違いないので、食べ過ぎには注意したいです。

 

ドリアンはビールとの食べ合わせが悪い?

ドリアンに関する危険な噂の中でも、気になるのが「ビールとの飲み合わせが悪い」ということです。

なんとビールなどのアルコールとドリアンを混ぜるとお腹の中で爆発するという、なんとも衝撃的なもの。

ドリアンがビールと合わさることで胃の中で発酵が進み、膨満感が増すというのが理由です。

地元ではドリアンとアルコールを混ぜると死亡すると信じ込んでいる人もおり、恐れられています。

実際はドリアンとビールを食べ合わせても爆発することはないのですが、実際に体調不良になった人はいるそうです。

悪酔いしやすくなる、胃腸症状が出やすくなるなどが挙げられていますがネズミを使った実験では死亡例は出なかったようですね。

どちらにしても食べ合わせが良いとは言えないので、ドリアンを食べる時にはアルコール以外の飲み物を飲みましょう。

 

【スポンサーリンク】

ドリアンが危険だと言われる理由は?

ドリアンが危険なのは食べ過ぎた時やニオイを嗅いだ時がありますが、実はその見た目もかなり危険です!

トゲが無数についた皮は、それだけで凶器になりそうな見た目をしています。

実際に東南アジアではドリアンの実が落下して直撃し死亡するというニュースが、毎年のようにあるのです。

格闘家がメリケンサックのようにドリアンの皮を握って応戦すると、確実に相手をノックアウトできるというのも有名です。

ドリアンには多くの人が振り回されており、そのあまりの強烈なニオイから食べた翌日は出勤停止など厳しい掟があります。

ドリアンを飛行機に持ち込むとその飛行機が落下する、という恐ろしい噂まであるくらいで都市伝説だけで一冊の本ができあがるくらいあるのです。

それだけドリアンが果物の王様と呼ばれるにふさわしい魅力のあるフルーツであり、多くの人から支持されているということですね。

ちなみにシンガポールなどでは、ドリアンが皮を剥いた状態でパック売りされているのだそうです。

それでもほのかにニオイは染み付いて残っているので、食べるのに勇気が要りそうですね…。

 

ドリアンは危険だけど栄養豊富な果物

危険な噂が絶えないドリアンですが、食べ過ぎなければ栄養がとても豊富な果物です。

具体的にどんな栄養が詰まっているのか、詳しく見ていきましょう。

①カリウム

ドリアンにはカリウムが非常に多く含まれており、含有量はアボカドの次に多くなっています。

カリウムは体内の塩分を排出しやすくして、高血圧を予防する作用があるのです。

またむくみも予防するので、しょっぱいものが好きな人はカリウムを十分にとる必要があります。

 

②葉酸

葉酸は妊婦に良いだけではなく、赤血球を作るサポートもするので貧血予防に効果的です。

葉酸の吸収を良くするビタミンCも含まれているので、ドリアンは最適となっています。

 

③ビタミンB1

元気な体を維持するために必要なビタミンB1はフルーツの中で一番多く含まれており、疲れやすい体にぴったりです。

ビタミンB2も多く含まれているので、代謝もサポートしてくれます。

 

 

ドリアンの食べ過ぎに関するまとめ

ドリアンを食べ過ぎた時の危険性、ビールとの食べ合わせが良くない理由などについて詳しくご紹介してきました。

ドリアンは非常に高カロリーなので、何か持病がある場合などは死に至るケースもあるようです。

ビールとの食べ合わせは体の中で爆発することはないものの、決して良いとはいえません。

他にも強烈なニオイや中毒性の高さから、危険なフルーツとして知られています。

しかし栄養は豊富で、毎日の健康を支える成分がたっぷり詰まっているのです。

カロリーオーバーにならないよう、適量を意識して食べるようにしましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です