三つ葉の食べ過ぎはダメ?注目の栄養効能とダイエットに向いている?





親子丼や汁物など、三つ葉があるのとないのとでは風味が全く違いますよね。

和食の薬味として大活躍の三つ葉、独特な風味からファンも多いのではないでしょうか?

人によっては、どちらがメイン料理か分からなくなるくらい三つ葉をのせる人もいます。

三つ葉は食べ過ぎても問題ない食べ物なのか、また栄養や効能も気になりますよね。

そしてもうひとつ、三つ葉のダイエットへの効果も気になるところです。

そこで今回は『三つ葉の食べ過ぎによる影響や注目の栄養効能について、またダイエットに向いているのか』を詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

三つ葉は食べ過ぎても大丈夫なの?

三つ葉は大好きな人だと、かなりの量を食べる人もいますよね。

三つ葉を食べ過ぎると、体に悪影響などはあるのか気になります。

三つ葉は生のままでも食べられるくらいアクが少なく、特に体に悪い成分が含まれているわけでもありません。

さらに三つ葉はかなり低カロリーな食べ物なので、ダイエット中でも安心して食べられるでしょう。

ただ赤ちゃんの離乳食に使う場合には、葉の繊維が引っかかったりアレルギーが出たりすることもあるので控えてください。

食べ過ぎたといっても常識を逸脱したような量でなければ、そこまできにする必要はないでしょう。

 

三つ葉に含まれる栄養とは?

三つ葉には豊富な栄養が含まれており、特に旬である春の三つ葉にはより多くの栄養を含有しています。

では具体的にどんな栄養なのか、詳しく見ていきましょう。

カリウム

カリウムは体内のナトリウム濃度を調整する働きがあるので、血圧を正常にしてむくみなどを予防してくれます。

普段から高血圧気味な人には、三つ葉は適した食べ物だと言えるでしょう。

 

βカロチン

緑黄色野菜に多く含まれるβカロチンは、体内に入るとビタミンAに変わって皮膚や粘膜を健康に保ってくれます。

また動脈硬化など生活習慣病の予防にも効果が期待できるので、多く摂取しても損はない栄養です。

 

鉄分

三つ葉が女性におすすめなのは、鉄分が豊富だからというのが理由のひとつとして挙げられます。

貧血を予防して、元気な毎日を送るためには鉄分は欠かせませんね。

 

 

三つ葉にはこんなに素晴らしい効能が!

ストレスを軽減する

三つ葉を包丁で切ると、フワッと心地よい香りが広がります。

この香りはクリプトテーネン、ミツバエンという成分によるものでリラックス作用があるのです。

神経を安定させて、心地よい眠りに導く作用が期待できるので心の疲れが気になる人は香りも嗅ぎながら食べてみてください。

 

食欲を高める

三つ葉があることで、なんとなくいつもよりご飯が美味しいと感じることはありませんか?

実は三つ葉の香り成分は、食欲をアップさせる働きもあります。

なんとなく食欲がわかない時は、三つ葉をザクザク切ってみるのもおすすめです。

 

 

三つ葉はダイエットに良いってホント?

三つ葉がダイエットに良いという話を聞きますが、理由はカロリーからきています。

三つ葉は1束を食べたとしても5キロカロリーしかないので、ダイエット中でも罪悪感なく食べられますね。

ただひとつ気になるのが、香り成分による食欲増進作用です。

しかし、香り成分による食欲の変化はダイエットに悪影響を及ぼすレベルではないので、安心できそうですね。

ダイエット中は好きなものを好きなだけ食べられないのでイライラしやすいですが、三つ葉をたくさん食べていれば少しはイライラせずに接することができそうです。

 

三つ葉の食べ過ぎに関するまとめ

三つ葉の食べ過ぎによる影響や注目の栄養効能について、またダイエットに向いているのかを詳しくご紹介してきました。

三つ葉は食べ過ぎても特に問題はなく、むしろ体に良い効能をもつ栄養がたくさん含まれています。

低カロリーなのでダイエットにも向いており、イライラも抑えてくれるのが特徴です。

三つ葉を添えるだけで料理が美味しくキレイになるので、ぜひ積極的に使っていきましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です