ブロッコリースプラウトを食べ過ぎると下痢や腹痛になりやすいの?食べる量や食べ方に気をつけて。





カイワレに似た見た目ですが、栄養価がとても高いとテレビなどでも話題になっているブロッコリースプラウト。

体に良いと聞くと多くの人が、食べ過ぎと言えるくらいたくさんの量を食べてしまう傾向にあります。

でもブロッコリースプラウトを食べ過ぎると、下痢や腹痛を起こしてしまうこともあるかもしれません。

食べる量や食べ方に気をつければ体にとても良いものなので、下痢や腹痛が起こらない程度に工夫したいですよね。

そこで今回は『ブロッコリースプラウトの食べ過ぎについて』詳しくご紹介していきます。

 

【スポンサーリンク】

ブロッコリースプラウトの食べ過ぎは下痢や腹痛になる?

ブロッコリースプラウトの食べ過ぎで、下痢や腹痛などの副作用が起こることはあるのでしょうか。

ブロッコリースプラウトは食べ過ぎたとしても、特に副作用が起こることもなく安全な食べ物です。

スーパーで売られているパックをまるまる平らげてしまっても、全く問題はありません。

しかしどんな食べ物でも、常識の範囲を超えて食べ過ぎれば誰でも下痢や腹痛などの症状が出ます。

「ちょっとありえない」という量を食べなければ、ブロッコリースプラウトの場合は特に心配することはなさそうですね。

 

ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンとは?

ブロッコリースプラウトは最近テレビでよく取り上げられ、手軽に買えるスーパーフードとして有名です。

その理由が、ブロッコリーにほんの少しだけ含まれている「スルフォラファン」という成分です。

スルフォラファンはブロッコリースプラウト特有の辛味成分で、ブロッコリーはあまり辛味を感じないことからごく少量含まれます。

ブロッコリーに比べて、ブロッコリースプラウトはスルフォラファンを7倍も多く含むのです。

天然の化学成分であるファイトケミカルのひとつで、解毒や抗酸化作用が強いことで知られています。

抗がん作用やアンチエイジングなど、体が錆びて細胞が傷つくことで発生する問題を解決に導くのです。

またピロリ菌除去や花粉症を抑えるのにも役立っていて、とにかく体に良いことが盛りだくさん!

これはブロッコリースプラウトがスーパーフードだと言われる理由がわかりますね。

 

【スポンサーリンク】

ブロッコリースプラウトの食べ過ぎ注意!1日に食べる量は?

ブロッコリースプラウトは一気にたくさん食べたからといって、健康効果が飛躍的に上がるわけではありません。

むしろこれではただの食べ過ぎとなってしまい、あまり良いとは言えないでしょう。

ブロッコリースプラウトの1日の食べる量の目安は、20gほどです。

スーパーでよく売られているパックは20gが多いので、一度に食べる量は1パックが理想的ですね。

しかし毎日食べれば良いのかと言われるとそうでもなく、3日に1回で大丈夫です。

スルフォラファンは体に取り入れると3日作用が続くので、毎日は摂取しなくてもいいんです。

ブロッコリースプラウトは同じような見た目のカイワレに比べて値段も高く、2〜3倍することも珍しくありません。

そのため3日に1回食べればいいのは、経済的にも助かりますよね。

 

ブロッコリースプラウトの効率的な食べ方とは?

ブロッコリースプラウトのスルフォラファンを効率的に摂取するには、どのような食べ方をすれば良いのでしょうか。

まずブロッコリースプラウトの栄養は熱に弱いため、基本的には生のまま食べましょう。

サラダにして食べたり、おかずの飾り付けに添えたりすると彩りがでます。

カイワレよりもピリッと辛い風味が、おかずの味を引き立たせますよ!

そしてスルフォラファンはブロッコリースプラウトの細胞が細かく壊れないと、なかなか効果を発揮できない性質があります。

食べる時にはよく噛んで食べるように心がけて、もし噛めないようなら初めから包丁で細かく切って食べると良いでしょう。

 

ブロッコリースプラウトの食べ過ぎに関するまとめ

ブロッコリースプラウトの食べ過ぎについて下痢や腹痛は起こるのか、そして食べる量や食べ方を詳しくご紹介してきました。

ブロッコリースプラウトは食べ過ぎても特に問題はなく、一般的な食べ過ぎの症状である下痢や腹痛は起こる可能性があります。

食べる量は3日に1パックが適量で、食べ方はよく噛んで食べる刻んで食べるのが効果的です。

ブロッコリースプラウトの栄養などを余すところなく取り入れて、健康的な毎日を送りましょう。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です