キウイの食べ頃がわからない!追熟の方法や保存方法とは?





甘酸っぱくて栄養豊富なキウイは、値段も安価で身近なフルーツですよね。

一方で食べ頃が良くわからず食べてみたら非常に酸っぱかった、あるいは熟れ過ぎていた…ということも珍しくありません。

熟れ過ぎにならない程度に追熟するのが良いのですが、どのような保存方法が適しているのでしょうか?

キウイは安売りをしている時にまとめ買いをして、なるべく長く保存しておきたいですよね。

今回は『キウイの食べ頃がわからない人に向けて、追熟の方法や保存方法について』詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

キウイの最適な食べ頃はいつ?

キウイはパッと見ただけでは皮に覆われて果肉が見えないので、食べ頃のサインがわかりにくいですよね。

ゴールドキウイもグリーンキウイも、見ただけではどのくらい熟しているのかわかりません。

キウイの場合は食べ頃を確認するために、実際に手にとってみましょう。

手でキウイを包むように持ち、少し弾むような柔らかさを感じたら食べ頃となります。

アボカドの食べ頃を見極めるのと同じようなイメージで、柔らかい感覚をつかむとわかりやすいです。

皮に傷や打ち身がなく、濃い色よりも薄い色の方が甘くて美味しいのが特徴です。

今すぐ食べるのであれば、出来るだけ食べ頃のキウイを選びましょう。

 

キウイを食べ頃まで追熟させる方法

キウイは熟していないまま食べると甘味が足りなかったり、酸っぱくて食べられなかったりします。

買った時点でまだ硬くて食べられないと判断した場合には、食べ頃まで追熟させる必要があるのです。

追熟をすれば甘みを引き出すこともでき、柔らかくて美味しいキウイを楽しむことができます。

キウイを追熟させるには常温での保存が一番有効ですが、なるべく早く追熟させたい!と考える人も多いですよね。

実はただ単に常温保存するだけではなくて、キウイと一緒にリンゴを袋に入れて保存する必要があるのです。

リンゴと一緒に入れる理由はリンゴから出る植物ホルモンのエチレンガスが、追熟を早める作用を持つためです。

リンゴと一緒に袋に入れ、口を縛って好みの柔らかさになるまで置いておきましょう。

追熟が完了したら袋から取り出して、冷蔵庫保存に切り替えれば追熟はストップします。

【スポンサーリンク】

キウイを長持ちさせるための保存方法

キウイをなるべく長持ちさせたいなら、追熟をストップさせる必要があります。

常温保存だとどんどん追熟してしまうので、今すぐ食べない場合は硬めのキウイを買ってすぐに冷蔵庫に入れましょう。

冷蔵保存では追熟がストップするため、熟れ過ぎて食べれなくなるのをある程度防ぐことができます。

ただキウイは寒さに弱いフルーツなので、冷蔵庫の野菜室に入れて2週間くらいで食べ切るようにしましょう。

冷蔵室だと冷気が当たりやすいので、逆に果肉が縮むなど日持ちしなくなってしまいます。

またキウイは冷凍保存が可能なフルーツなので、皮をむいて輪切りにして砂糖を振りかけたらフリーザーバッグに入れて冷凍しましょう。

冷凍保存ならば1ヶ月程度美味しさが持続するのと、シャーベットのように食べることもできて美味しくいただけます。

キウイの状態や食べるタイミングなどによって、保存方法を変えるのがお勧めです。

 

キウイの美味しい食べ方とは?

キウイの簡単な美味しい食べ方は包丁で半分に切って、スプーンですくって食べる方法です。

皮を剥く煩わしさもないので、朝の忙しい時間帯にも簡単に食べられますね。

見た目重視であれば皮をむいて輪切りがおすすめで、グリーンキウイ以外にもゴールドやレッドなど鮮やかな色を楽しむことができます。

生のままでは酸っぱくて食べられないという場合には、砂糖とハチミツを加えて鍋で煮てジャムを作るのがお勧めです。

簡単に作れて日持ちもするので、ヨーグルトやパンにかけると絶品です。

キウイはそのままでしか良い食べ方はないのかと思われがちですが、意外にたくさんのレシピがあるのです。

ただゼラチンを入れて作るゼリーに生のキウイを入れると、固まりにくくなってしまうので注意しましょう。

寒天ゼリーならば、生のキウイを入れても特に問題はありません。

【キウイのアレルギーについてはこちらをご覧ください】

 

キウイの食べ頃や追熟、保存方法まとめ

キウイの食べ頃がわからない人に向けて、追熟の方法や保存方法について詳しくご紹介してきました。

キウイの食べ頃は見た目では判断できないので、実際に触って少し柔らかい弾力があるくらいが最適です。

今すぐ食べない場合には硬めのキウイを買って、しばらくリンゴと一緒に袋に入れて常温保存にて追熟します。

好みの柔らかさになったら冷蔵庫の野菜室に入れて、2週間以内に食べ切りましょう。

キウイは冷凍保存もできるので、1ヶ月程度日持ちさせたい場合は輪切りに砂糖を振りかけて冷凍室に入れてください。

美味しい食べ方は生のままでも良いですが、ジャムなどにするのもおすすめです。

ぜひ栄養豊富なキウイを毎日食べて、健康を維持しましょう!

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です