キシリトールの取りすぎは危険?アレルギーや下痢になるの?





虫歯になりにくくする成分といえば、キシリトールを思い浮かべる人も多いですよね。

ガムに含まれているイメージが強いですが、実はイチゴなどのフルーツにも含まれています。

どちらかというとポジティブなイメージの強いキシリトールですが、取りすぎは危険だという噂があるのです。

アレルギー症状が起きたり、下痢を引き起こしたりと心配な話もあるくらいなんですね。

そこで今回は『キシリトールの取りすぎは危険なのか、アレルギーや下痢になるのか?』について詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

キシリトールはどんな働きをするの?

キシリトールという名前はよく聞いても、どんな成分なのかわからないという人も多いと思います。

キシリトールはわかりやすく言えば「むし歯を引き起こさない砂糖くらいの甘さの甘味料」です。

同じような甘味料でソルビトールという成分がありますが、比較するとキシリトールの方がむし歯になりにくい傾向にあります。

むし歯の原因菌ミュータンス菌を代謝しにくくして、歯垢の酸性を中和してくれる働きがあるのです。

キシリトールは主にガムに多く含まれていますが、ガムは唾液の分泌を促してくれますよね。

歯垢を歯の再石灰化に役立てて強化し、3〜8割の確率でむし歯になりにくい歯を作ります。

 

キシリトールの取りすぎは危険なの?

キシリトールはイチゴなどにも含まれている天然の甘味料ですが、取りすぎは危険なのでしょうか?

甘味料と聞くと取りすぎで最も心配されるのは血糖値の上昇ですが、実はキシリトールを取りすぎても血糖値に影響は与えません。

砂糖に比べてカロリーも7割前後と少なく、1日の許容量も特に定められていない安全性の高いものとされています。

むしろ高濃度のキシリトールガムを、1日3回毎日噛む事がむし歯予防につながるとされるのです。

健康的や美容面でのリスクを踏まえても、キシリトールの取りすぎはそこまで体にとって悪影響ではないと言えるでしょう。

常識的な範囲内で少し取りすぎた程度では問題ないことがほとんどなので、安心してくださいね。

カロリーも100gでも300キロカロリーなので、525キロカロリーの砂糖と比べるとかなりローカロリーです。

【スポンサーリンク】

キシリトールの取りすぎはアレルギーになる?

最近食物アレルギーの人が増えていますが、実はキシリトールなどの甘味料に反応するアレルギーが多く報告されているのです。

報告されたアレルギーの中には症状の重い人もいるので、カロリーカットの甘味が増えている現代では決して人ごととはいえません。

甘味料の種類の中では、一番アレルギーの報告が多いエリスリトールに次いで2位の多さなんです!

キシリトールなどのアレルギーの怖いところは、特定のアレルゲンなどと違って食品に表示義務がない点。

知らないうちにアレルギーの原因を口にしているとしたら…恐ろしいですよね。

なんと医師の中にもまだ甘味料でアレルギーが起こると認識していない人もいるので、まだ世間一般にも認知されていない症状なのです。

アレルギー体質の人は、ダイエット向きの低カロリースイーツなどを避けたほうが無難かもしれません。

 

キシリトールの取りすぎは下痢になるってホント?

キシリトール入りのガムや飴などのパッケージラベルに必ず書いてある文言が、「一度にたくさん食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあります。」という注意書きです。

キシリトールの取りすぎで、下痢になることは果たしてあるのでしょうか?

キシリトールの取りすぎで下痢を引き起こす理由は、甘味料の正式名である「糖アルコール」が小腸から吸収しにくいという性質を持つためなんですね。

小腸でなかなか消化吸収されないと、頑張って水分を出してなんとか無理やり吸収しようとします。

そのため腸内の水分バランスが崩れて、下痢を引き起こしてしまう可能性があるのです。

とはいっても個人差が大きく、少し取りすぎただけで下痢をする人もいれば全く大丈夫だという人もいます。

ではキシリトールの取りすぎで下痢になって体に悪影響はあるのかというと、実はほぼ問題ありません。

下痢も一過性の症状で、すぐに治まるのが特徴です。

 

キシリトールの取りすぎに関するまとめ

キシリトールの取りすぎは危険なのか、アレルギーや下痢になるのか詳しくご紹介してきました。

キシリトールは天然素材の甘味料でカロリーも低く、むし歯になりにくい性質を持っています。

取りすぎても体に影響がほとんどなく、安全性の高い甘味料だと言えるでしょう。

一方でキシリトールなどの甘味料でアレルギーが出る人もいて、世間の認知度も低いことから危険性が高くなっています。

キシリトールは小腸での消化吸収がされにくい性質を持つので、結果的に下痢を引き起こす可能性があります。

ただ一過性のものであり、体に影響はまずありません。

キシリトールはむし歯予防など取ることでメリットの方が多いので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です