ヤクルトを飲み過ぎるのは危険なの?嘔吐や副作用があるってホント?





ヤクルトは甘くて美味しくて体に良いということで、毎日健康のために飲んでいる人もいるのではないでしょうか。

でもヤクルトって量が少ないので物足りなく感じて飲み過ぎてしまうこと、ありませんか?

しかしヤクルトの飲み過ぎは危険で、場合によっては嘔吐や副作用もあるとの噂が…!

健康食品ではありますが、本当に飲み過ぎは危険で嘔吐や副作用が起こることはあるのでしょうか。

そこで今回は『ヤクルトの飲み過ぎ』に関して、その噂の真相を確かめてみようと思います。

 

【スポンサーリンク】

ヤクルトの飲み過ぎは危険なの?

ヤクルトを飲み過ぎると嘔吐副作用があって危険だから、ほどほどにしておきなさいと言われたことはありませんか?

実はヤクルトは1本の中に種類によって異なる数のヤクルト菌が含まれている乳酸菌飲料。

そのため多く飲み過ぎる分には危険ということはなく、常識の範囲内なら大丈夫なんです。

同じような牛乳も、飲み過ぎて危険ということはありませんがあまりに大量だと嘔吐してしまうことがありますよね。

ヤクルトは1本が少ないので効果があまり感じられないと思う人もいますが、実は1本で十分良い効果が期待できます。

ただ飲みすぎたからといって、より健康になるというわけではないので注意が必要です。

ヤクルトを多少飲みすぎたからといって、危険な状態になることはないので安心してくださいね。

 

ヤクルトは1日どのくらいまでなら飲み過ぎても大丈夫?

ヤクルトは1日1本で十分腸内を健康に導く作用は期待できますので、基本的には1日1本です。

しかし単に味が好き、小腹を満たしたいなどの理由で飲みたい場合はどのくらいまでなら飲み過ぎにならないのでしょうか?

カロリーや値段のことを考えると、飲み過ぎの許容範囲は1日3本くらいまでです。

それ以上を飲み過ぎるとカロリーオーバーになる危険もありますし、食事に支障をきたすこともあります。

1日に3本飲む場合には、一気に飲むと飲み過ぎなので朝昼晩と時間をおいて飲むのがおすすめです。

便秘気味の人はこのように3本を分けて飲むことで、解消しているようですよ。

 

【スポンサーリンク】

ヤクルトの飲み過ぎで嘔吐や副作用が起きることはない?

ヤクルトを飲み過ぎると嘔吐や副作用が起きるという噂…真相はどんなものなのでしょうか?

嘔吐の危険があるというのは、それこそ10本パック全てを一気に飲んだりした場合にのみ当てはまります。

つまり通常の感覚でヤクルトを飲む分には、よほど胃の具合が初めから悪くない限り嘔吐することはまずないでしょう。

またヤクルトは健康飲料なので、基本的に副作用というものはありません。

ただカロリーハーフでない限り糖分が高いので、毎日飲み過ぎていると太ってしまう危険性があります。

副作用というよりは、カロリーゼロの飲料ではないので飲み過ぎには注意しましょうといった意味合いですね。

 

ヤクルトの飲み過ぎを予防する対策とは?

ヤクルトは1本が少ないので、どうしてもそのまま口をつけて飲むと1〜2秒で全てなくなってしまいます。

そうなると満足感を得られずに、結果飲み過ぎにつながってしまうのです。

ヤクルトの飲み過ぎを予防する対策方法は、主に2つあるので見ていきましょう。

 

ストローを使う

直接口をつけて飲むと一気に飲んでしまうので、細めのストローを使うことでより味わって飲むことができます。

一気に吸い込むのではなくて、少しずつ飲むのが満足感を得るポイントです。

細いストローは100均にも売られていますし、ヤクルトレディから買う際はくれることもあります。

 

 

大きいサイズのヤクルトを買う

ヤクルトにはいろいろな種類があり、通常のものより大きいサイズのものもあります。

例えば「毎日飲むヤクルト」は100mlで少し量が多いので、その分満足度は高いかもしれませんね。

しかしこれもストローでゆっくり飲まないとつい飲み過ぎてしまうので気をつけましょう。

 

 

ヤクルトの飲み過ぎに関するまとめ

ヤクルトを飲み過ぎるのは危険なのか、そして嘔吐や副作用が起こることについて詳しく説明してきました。

ヤクルトはあくまで常識的な範囲内ならば、飲み過ぎても危険ということはありません。

しかし1日1本で効果が期待できるヤクルト菌が入っているので、飲み過ぎたからといってより健康になることはないのです。

またとんでもない量を一気に飲み干した場合は嘔吐の危険がありますが、よほどのことがない限り問題はないでしょう。

副作用も健康飲料なので特にありませんが、糖分は高いので肥満には注意してくださいね。

ヤクルトはストローを使ったり大きいサイズを買ったりして、工夫しながら満足感を得られるように飲んでいきましょう。

【スポンサーリンク】

合わせて読みたい記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です