ノンアルコールビールを飲み過ぎるとどんな副作用があるの?肝臓への影響は大丈夫?





お酒をあまり飲まない人が増えたのと同時に酒運転による事故が後を絶たない中、ノンアルコールビールの需要が高まっています。

ビールのような見た目に風味、香りなど本物のようなのに、実はノンアルコール。

昔に比べて味も格段に良くなっているので、飲み会などでもお酒が飲めないからとあまり浮かなくなりましたよね。

本物のビールはもちろん、アルコールなので飲み過ぎは厳禁です。

しかしノンアルコールビールの場合は、飲み過ぎるとどんな副作用があるのでしょうか。

ビールと同じように肝臓への影響はあるのか、気になりますよね。

そこで今回は『ノンアルコールビールを飲み過ぎるとどんな副作用があるのか、また肝臓への影響は大丈夫なのか』をご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

ノンアルコールビールの飲み過ぎは添加物に注意!

ノンアルコールビールはビールに比べて多少飲み過ぎても、酔っ払うこともないし…と軽く考えられがちです。

しかしノンアルコールビールはビールのような風味や色をつけるために、さまざまな添加物が使用されています。

添加物と聞くと、体への悪影響が心配されるところですよね。

具体的にどのような添加物がノンアルコールビールに含まれているのか、詳しく見ていきましょう。

 

①あまりとりたくない人工甘味料

ノンアルコールビールには、アセスルファムKや塩化メチレンという人工甘味料が使われています。

甘味が強いのにカロリーがゼロという特徴をもつ人工甘味料は、思わぬ副作用が懸念されているのです。

塩化メチレンは発がん性があるとされ、子供や妊産婦には向かないといわれています。

 

②ビールの色を作るカラメル色素

ビールのような色を作るためのカラメル色素は、安全性がいまいち不透明な添加物でもあります。

製法によっては発がん性という副作用が心配されるため、安全確認ができないのは少し怖いですよね。

 

③甘さを出す果糖ぶどう糖液糖

果糖ぶどう糖液糖はトウモロコシ由来なので、一見すると体に害はないように思われます。

しかしこのトウモロコシが、アメリカ産の遺伝子組み換え食品なんですね。

なんと85%以上が遺伝子組み換え食品なので、安全性が確認できないのです。

代謝機能が低下し肥満になりやすい副作用や、心臓病を引き起こす可能性があることも心配されています。

 

 

ノンアルコールビールは飲み過ぎても太らない?

ビールの飲み過ぎといえば、やはり太る可能性が高いというのが気になりますよね。

グラス1杯で80〜100キロカロリーほどあるので、飲み過ぎると恐ろしい数字になります。

ではノンアルコールビールはどうなのでしょうか。

実は、多くのノンアルコールビールは0キロカロリー、多くても10キロカロリーということがわかりました。

この理由は、甘味は強いのにノンカロリーという人工甘味料が使われているからです。

さらに機能性表示食品のパーフェクトフリーなどは、糖の吸収を緩やかにするなどの効能もあります。

ノンアルコールビールは多少飲み過ぎても太ることはあまりないと思いますが、飲むと食欲がアップする人が多いことは確かです。

せっかくノンアルコールビールを飲んでいるのに食べ過ぎたとなると、太る原因になってしまいます。

やはり飲み過ぎないようにして、食事とのバランスをとると良いですね。

 

【スポンサーリンク】

ノンアルコールビールは飲み過ぎると肝臓に影響あり?

ノンアルコールビールのメリットとして、肝臓に影響を与えないことが挙げられます。

アルコールを飲み過ぎるとアルコールを分解するために肝臓がフル稼働するので、非常に負担をかけます。

その結果肝臓に悪影響が出て、病気の原因になるのです。

しかし、ノンアルコールビールの場合は肝臓で分解する必要がないので、影響はほとんど受けません。

ただノンアルコールビールと記載されていても実際はごく微量、アルコールが含まれていることがあります。

そのため飲み過ぎることで、アルコールが微量だけでも体に入ることがあるのを覚えておきましょう。

肝臓が悪い人でも、ノンアルコールビールは負担をかけないのでありがたい存在ですね。

 

ノンアルコールビールの飲み過ぎない方法とは?

ノンアルコールビールを飲み過ぎないために、良い方法はあるのでしょうか。

一番は、本物のアルコールを飲んでいる人と張り合って飲まないことです。

やはりアルコールと違って、ノンアルコールビールはある程度飲み過ぎるとお腹にたまります。

適度に食事を挟みながら、飲むこと以外に意識を向けてみると良いかもしれないですね。

またお茶なども一緒に飲むなど、ノンアルコールビールのみにならないように工夫すると良いでしょう。

体に負担になったり悪影響が出にくかったりするのが特徴ですが、大量には飲まないように意識したいところです。

酔っ払うことはないので、きちんと節度は守りたいですね。

 

ノンアルコールビールの飲み過ぎに関するまとめ

ノンアルコールビールを飲み過ぎるとどんな副作用があるのか、また肝臓への影響は大丈夫なのかをご紹介してきました。

ノンアルコールビールの副作用で一番心配なのが添加物による影響で、人工甘味料などが原因です。

またカロリーは少ないので太る心配はないですが、食欲がアップすることがあります。

ノンアルコールビールは肝臓に悪影響を与えないメリットがあり、節度を守れば副作用もそこまで心配は要らないでしょう。

素面だと思うので飲んだ量は把握して、飲み過ぎに注意していきたいですね。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です