カイワレの食べ過ぎは腹痛になる?栄養や効能とは?





薬味として、サラダの彩りとして欠かせないのがピリッと辛みがあるカイワレです。

カイワレは年間を通して非常に安く売っているので、家計にも優しいところが嬉しいですよね。

味の濃い肉料理などには、たくさんのカイワレをのせてシャキシャキ食べるのも美味しいですが…。

果たしてカイワレは、食べ過ぎても腹痛などが起きない食べ物なのでしょうか?

また普段気にすることの少ない、カイワレの栄養や効能も知っておきたいですよね。

そこで今回は『カイワレの食べ過ぎは腹痛になるのか、そして栄養や効能について』詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

カイワレの食べ過ぎは腹痛になる?

カイワレは食物繊維が多いので、食べ過ぎると腹痛を起こす場合もあるでしょう。

しかし気になることとして、単なる腹痛ではなく冷や汗が出るほどの胃痛が起こったという人もいるのです。

なぜカイワレを食べ過ぎて強い腹痛が起きたのかというと、カイワレの辛味成分であるアリルプロピオンが関係しています。

アリルプロピオンは聞きなれない名前ですが、玉ねぎを切った時に自然と涙が出てきてしまう原因となる物質です。

目に刺激があるのと同様に、空腹状態でカイワレを食べ過ぎると胃を痛めてしまうことがあります。

カイワレだけで食べずに、他の食べ物とバランスよく食べていれば防げるので大量に食べる場合には注意しましょう。

 

カイワレに含まれる栄養とは?

カイワレは食卓の主役にはなれませんが、結構見た目も可愛いので食事に並ぶ頻度は高いと感じます。

ではそんなカイワレには、どんな栄養が含まれているのでしょうか?

ビタミンやミネラル

カイワレには美容や健康に良いビタミン類や、11種類のミネラルを豊富に含みます。

毎日を健康に過ごすために欠かせないビタミンとミネラル、そして女性に嬉しいビタミンの美容効果が期待できますね。

 

フィトケミカルやイソチオシアネート

カイワレには抗酸化作用のあるスルフォラファンというフィトケミカルやイソチオシアネートが含まれる、注目すべき食べ物と言えるでしょう。

生活習慣病を予防したり、アンチエイジングに良かったりと嬉しい栄養成分が豊富なのがカイワレの特徴です。

 

メラトニン

メラトニンといえば睡眠に大きな影響を与えるホルモンで、通常は活動する昼間は分泌量が減って夜に増えます。

しかしストレスなどでメラトニンの分泌量が狂うと、睡眠に悪影響が出る可能性があるのです。

カイワレにはメラトニンが含まれているので、睡眠サイクルに悩む人にもおすすめです。

 

【スポンサーリンク】

カイワレの体に良い効能とは?

カイワレには抗酸化作用を持つ栄養成分であるビタミンEフィトケミカルイソチオシアネートが含まれています。

カイワレの効能として一番注目したいのが、抗酸化作用による活性酸素の抑制です。

活性酸素は癌などの病気や老化を引き起こす、体にとって大敵である物質と言えるでしょう。

カイワレを食べることで抗酸化力が高まり、病気予防やアンチエイジングが期待できます。

またカイワレはとても低カロリーで、1パックを丸々食べてしまったとしても10キロカロリーというヘルシーさです。

多少食べ過ぎてしまっても、1パック10キロカロリーならば安心ですね。

ダイエット中でも安心して食べられるのが、カイワレの良いところでしょう。

 

カイワレの効率的な食べ方とは?

カイワレは効率的な食べ方をして、少しでも栄養などを取り入れやすくしたいですよね。

カイワレに含まれるビタミンは水溶性なので、洗う時はサッと水で洗うだけにします。

また火を通すとビタミンCなどが壊れやすいので、生のまま食べるようにしましょう。

またフィトケミカルのスルフォラファンは、よく噛むとより効率的に吸収されていきます。

カイワレを食べる時はいつもより咀嚼回数を増やすなど、工夫してみると良いでしょう。

また包丁で細かく刻んでからサラダなどに混ぜるのもおすすめです。

 

カイワレの食べ過ぎに関するまとめ

カイワレの食べ過ぎは腹痛になるのか、そして栄養や効能について詳しくご紹介してきました。

カイワレの食べ過ぎは食物繊維による腹痛だけでなく、アリルプロピオンという辛味成分が原因の胃腸への刺激も原因として考えられます。

栄養はビタミンやミネラルを豊富に含み、スルフォラファンというフィトケミカルやイソチオシアネートなどの抗酸化成分なども含みます。

抗酸化作用によるアンチエイジングや病気予防など体に良い効能をたくさん持ち、健康的な毎日のサポートをしてくれるのです。

スルフォラファンを効率的に摂取するためにも、よく噛んで食べるようにしましょう。

安いからと見過ごされがちですが、カイワレは想像以上に体に良い食べ物なのです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です