餃子の食べ過ぎで下痢になるの?何個くらいまでなら健康に影響は出ないのかな?





一口サイズでおかずにもお酒のおつまみにもなる餃子は、子供からお年寄りまで好きな人が多いですよね。

中には餃子食べ放題ができるお店もあるくらいなので、割と食べ過ぎてしまったという経験がある人もいるのではないでしょうか。

でも餃子の食べ過ぎで後から下痢を起こして、後悔した…という声も聞かれます。

何個くらいまでなら食べ過ぎにならないのか、下痢にならないボーダーラインが知りたいですよね。

健康に影響が出ないように、美味しく餃子を食べる方法を把握していきましょう。

そこで今回は『餃子の食べ過ぎで下痢になるのか、何個くらいまでなら健康に影響は出ないのか』を詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

餃子の食べ過ぎはカロリーオーバーになる?

餃子の食べ過ぎによる下痢などの健康に関する影響も気になるところですが、カロリーも意識してしまいますよね。

餃子を食べ過ぎることで、カロリーオーバーになることはあるのでしょうか。

餃子とひとくちにいっても焼き餃子から水餃子、揚げ餃子まで幅広いラインナップがあります。

一番スタンダードな焼き餃子の場合、一般的な大きさのもので40〜50キロカロリーほど。

水餃子は油を使わないため、少しだけヘルシーになって20〜30キロカロリーほどになります。

ところが揚げ餃子は油を大量に使っているので、70〜80キロカロリーほどに激増してしまうんです!

餃子が大好き!という方は、揚げ餃子ではなく水餃子や油を極力少なめに焼いた餃子を食べるようにすると良いですね。

焼き餃子の場合は油をひかずにテフロン加工のフライパンに乗せて、水を加えて蒸し焼きにするとカロリーを抑えられます。

工夫しながら食べ過ぎでカロリーオーバーしないように、気をつけていきたいですね。

 

餃子の食べ過ぎは下痢になるの?

餃子の食べ過ぎで下痢になるという話を聞きますが、実は餃子に限らずどんな食べ物も食べ過ぎれば下痢を引き起こす可能性があります。

その理由は食べ過ぎによって消化不良を起こし、胃で十分消化できなかったものが腸に運ばれることで腸に負担がかかるからなのです。

腸が未消化の食べ物を頑張って外に排出しようとするために、蠕動運動が過剰になって腹痛とともに下痢を起こします。

その前に胃の不快感を抱く人もいますので、胃がムカムカしてきたらその時点で食べるのをやめた方が無難です。

餃子は特に油を使っている場合、胃にもたれやすくて消化不良を起こしやすいので気をつけましょう。

餃子は味が濃いのでご飯も食べ過ぎてしまうことが多く、さらにお酒も進みます。

餃子以外の食べ物やお酒の過剰摂取によって、体調が悪くなることも多いんですね。

餃子を食べ過ぎた場合には油を分解して消化不良を改善してくれる胃腸薬や、下痢の時には下痢止めや整腸薬を飲みましょう。

【スポンサーリンク】

餃子の食べ過ぎは塩分過多で健康に悪い!

餃子の食べ過ぎはカロリーや消化不良での下痢だけではなく、実は塩分過多にも注意が必要なのです。

餃子を食べる時なのですが、多くの人は醤油と酢を混ぜた調味液にラー油を垂らして食べるのではないでしょうか。

知らない間に醤油をたくさん摂取することになるので、気がつくと大さじ1杯ほどの醤油を食べていたということになりかねません。

濃口醤油の場合は大さじ1杯あたりの塩分量が2.6gと非常に多いので、注意が必要なのです。

塩分過多になると体は血液中の塩分を埋めようとして、水分量をどんどん増やしていきます。

すると体にむくみが起こりやすくなり、血圧も高くなってしまうのです。

高血圧は命に関わるような重病を誘発することもあるので、塩分過多には気をつけたいですね。

 

餃子は1日に何個までなら食べても良い?

餃子の食べ過ぎはカロリーの面でも健康の面でも、あまり好ましくはないことがわかりました。

しかし、美味しくて手軽に食べられるので、つい食べ過ぎてしまう機会が多いのが現状です。

少しでも意識できるように、1日に何個までなら大丈夫なのかを考えていきましょう。

おかずとして食べるとして、500キロカロリーを目安とするならどんなに多くても焼き餃子は1日10個までにしておくのが良さそうです。

定食屋でラーメンなどに付いている餃子は5〜6個ですが、カロリーの面などを考えても適量なんですね。

何個までなら食べ過ぎにならないのかというと、倍量程度の10個くらいです。

しかし、適量を考えるのであれば、一皿分の5〜6個が良さそうですね。

 

餃子の食べ過ぎに関するまとめ

餃子の食べ過ぎで下痢になるのか、何個くらいまでなら健康に影響は出ないのかを詳しくご紹介してきました。

餃子の食べ過ぎはカロリーオーバーになるだけでなく、塩分過多や消化不良による下痢を引き起こして健康を害する可能性があります。

餃子は油を少なめにして、醤油を付けすぎないようにすると良いでしょう。

食べ過ぎにならない量は1日何個までなのかというと、10個程度が限度となります。

適量はラーメンなどの付け合わせに出される一皿5〜6個なので、目安にしておいてくださいね。

食べ過ぎで健康に悪影響を与えない程度に、美味しく餃子をいただきましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です