フェンネルの食べ方や効能とは?食べ過ぎで注意することはあるの?





フェンネルと聞くとあまり馴染みがない人も多いかもしれませんが、実は身近な料理にも使われています。

ハーブであるフェンネルはどんな食べ方をすれば良いのか、また効能についても気になるところです。

ハーブといえば薬効があるので食べ過ぎも注意が必要ですが、具体的にどうなってしまうのでしょうか。

そこで今回は『フェンネルの食べ方や効能、食べ過ぎ注意の理由について』詳しくご紹介していきます。

【スポンサーリンク】

フェンネルの食べ方はどんなものがある?

フェンネルを購入したのは良いものの、どのような食べ方をすれば良いのでしょうか。

実はどこから食べたら良いのかわかりにくいフェンネルですが、基本的に全て生でそのまま食べられるのが特徴です。

玉ねぎのような見た目の下部を中心にスープにするのがおすすめで、茎や葉はサラダとして彩りを良くするために加えるのも良いでしょう。

フェンネルは火を通すことで甘さが引き立つので、スープや炒め物などにする食べ方がおすすめです。

葉の部分はさわやかな香りから魚の生臭さを消してくれるので、カルパッチョなどと一緒に皿に盛り付けるのに適しています。

 

フェンネルの体に良い効能とは?

フェンネルは食べられる部分がほとんどで、意外とスープなど身近な料理に使うことができます。

そこで気になるのが、フェンネルにはどのような体に良い効能があるのかということです。

具体的にフェンネルの効能について、詳しく見ていきましょう。

 

胃腸の不快症状の軽減

フェンネルは胃での消化能力を高める効能があるので、胃もたれなど不快症状を軽減してくれます。

また消化器官の痙攣を抑える働きもあるため、胃痙攣などによる痛みや吐き気も予防します。

お腹のガスを減らす働きもあるので、腹部膨満感を軽減するのが特徴です。

 

利尿作用と発汗作用

利尿作用や発汗作用によって体の余分な水分が排出されて、ダイエット効果が期待できます。

代謝を高めるので、痩せやすい体質を作っていきます。

 

眼の疲れの緩和

フェンネルには眼精疲労にも良い効能があるので、パソコンなどで目を酷使する人は積極的に食べましょう。

昔からフェンネルには視力を回復させる力があるとされ、目薬に使用されていたのです。

 

【スポンサーリンク】

フェンネルの食べ過ぎに注意すべき理由

フェンネルは適量であれば体に良い効能を得ることができますが、食べ過ぎには注意が必要です。

フェンネルを食べ過ぎると皮膚にアレルギー症状や喘息発作が出る、光過敏症になる可能性があります。

また女性ホルモンに影響することから、卵巣や子宮の病気や乳がんなどのリスクが高まるのです。

一度にたくさん食べ過ぎることも問題ですが、少ない量だったとしても長期的に食べ続けることで副作用のリスクが起きやすくなります。

フェンネルはたまに適量を食べるくらいがちょうど良いので、大好きな方は少し我慢です。

 

フェンネルの食べ過ぎで注意したい人

フェンネルの食べ過ぎは体調に問題がない人にとっても副作用のリスクがありますが、実は要注意したい人もいるのです。

まずは妊娠中の女性にとって、フェンネルは子宮を刺激してしまう原因となります。

産後の女性にとってはフェンネルを摂取することで母乳量を増やせると言われていますが、実は母乳を通して赤ちゃんに悪影響が出る可能性があることがわかりました。

同じく小さな子供もフェンネルの食べ過ぎは性成熟を早めるリスクが問題視されており、避けた方が良いとされています。

またてんかん発作を起こしやすい人やセリ科アレルギーのある人も、フェンネルは避けなければなりません。

 

フェンネルの食べ過ぎに関するまとめ

フェンネルの食べ方や効能、食べ過ぎ注意の理由について詳しくご紹介してきました。

フェンネルはほぼ全ての部分を生のまま食べることができますが、スープやサラダなどの食べ方がおすすめです。

利尿作用や発汗作用があるので代謝を高めたり、眼精疲労や胃腸の不快症状の緩和などの効能があります。

フェンネルは食べ過ぎるとアレルギー症状や女性ホルモンによる女性特有の病気を誘発する恐れがあるのです。

妊娠中や授乳中の女性、小さな子供やてんかん発作やアレルギーのある人にはフェンネルは適しません。

正しい知識を持ってフェンネルを美味しく食べて、体に良い効能を取り入れていきましょう。

【スポンサーリンク】

こちらの記事も読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です